沖縄ダイビングで台風に当たらないためには

沖縄ダイビングは、魅力的なポイントがたくさんありますが、唯一気を付けたいのが台風になります。

沖縄は言わずとしれた、台風が非常に多い地域になり年に何度も台風の脅威に見舞われるという特徴があるのです。

いくら何度もダイビング経験のあるダイバーであっても、台風の近づく荒れた海での沖縄ダイビングは非常に危険ですから、避けなくてはいけません。

せっかくお金を支払って沖縄ダイビングへ着ているのだから、何がなんでも海に潜りたいという気持ちも分かりますが、それは絶対にやってはいけない事です。

沖縄へ滞在中、ずっと台風でダイビングが出来ない、なんていう事を避けるためにはどうすれば良いでしょう。

100%台風を避ける方法はありませんが、台風の少ない季節を狙うのが一番です。

例年沖縄で台風の多い時期と言えば初夏から秋の初め頃、7月から10月の初旬となるでしょう。

そのため、台風の来ない時期を狙うのなら、10月の末から11月が沖縄ダイビングの最高の時期かもしれません。

沖縄ダイビングはどの季節の海も素敵なのですが、台風にあたってしまっては意味がありませんから、狙うなら10月末から11月という事になるでしょう。

沖縄では、1年を通して海の温度は高いので10月末から11月はまだまだ水温も暖かいと感じるはずです。

逆に太陽の照りつけが厳しい季節は過ぎているので、最も身体への負担も少ないとも言えます。